発表会が間もなく開催。 –東京奄美サンシン会–

Pocket

「<a href=”http://blog.55fujix.com/archive/2011/02/post-216.html” target=”_blank”>東京奄美サンシン会</a>」

会主 本田輝峰

会長 藤井富廣

連絡先 090-6176-5071

教室場所 南大塚地域文化創造館

JR大塚駅 徒歩5分

稽古日 毎月第二、第四土曜日

稽古時間 午後1時から5時

月謝 ¥2,000

 

毎年、10月は私が所属している東京奄美サンシン会の発表会があります。

私今年で6回目の出場となります。

島唄を唄うだけでなく8月踊りも披露するので踊りの稽古も。

初めて出場した時、踊りを全く知らない私、踊れと言われ見よう見まねで踊ったことがあります。

それを観ていた家内が言うに「幼稚園生みたい」とからかわれました。

それから6年経ち、少しは踊りもサマになってきたようです。

生徒さんも増えて、舞台狭しと踊れることでしょう。

以前、少ないときは踊り手の応援を頼んでいたくらいでしたから。

本当に増えてきました。稽古日には毎回のように見学者が訪れます。

今の若い方達、奄美民謡が新鮮な調べと感じるのでしょうかね。

happyoukai.jpg

私が着ている着物大島紬、3代続いています。母方のばあちゃん、親父、私と着て50年以上が経っていますが、

時が経つとともに色合いの深み、艶が増すようです。

柄も当時の流行り、模様が小さくきめ細やかに織られていますが、昨今では手に入らないと聞き及んでいます。

この時唄った島唄、「行きゅんにゃー加那節」でした。80過ぎの方に大層褒められて自信がついた頃です。毎回出るのですが、緊張しますね!。

また、発表会があることで稽古には熱が入りますが、今年はどんな結果になることやら。

IMG.jpg

 発表会ご案内のチラシです。

今年は、いつも使うホールが改装工事のためにココとなりました。

生徒さん達、それぞれのレベルでそれなりに島唄を披露します。

 奄美民謡に関心のある方是非いらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントが 2件あります

  1. シンさんより2011年9月9日10:39 PM

    三線といえば沖縄方面の民謡で、「島」や「海」を連想します。そうすると田端義夫が連想されます。
    私の祖母が生前、田端義夫の大ファンで、「いい男だったんだよ」と言いながら、いつも鼻歌を歌っていたのを思い出しました。そのときの旋律を思い出してYOUTUBEで調べてみたところ「大利根月夜」「かえり船」「島育ち」などでした。特に「島育ち」は強く印象に残っています。
    現役最年長の歌手をやっているんでしょうか。まだまだ長生きしてもらいたいものです。

  2. 上野2011年9月10日6:46 AM

    田端義夫さん、懐かしいですね。
    お元気なのでしょうか?。
    戦後生まれの私、歌手としてより喜劇役者としての印象があり、その後歌手としての彼を知りました。バタヤンと呼ばれていましたね。
    舞台に登場する時、手を上げながら「オッス」と挨拶が独特です。オヤジも彼のファンでした。かえり船は戦後21年にヒットした曲でした。
    使い込んだギターを抱えて唄うのですが、胸辺りで抱えるのがまた独特。
    個性あふれる歌手です。
    確か若い時の「キー」で唄っていると自分の喉を自慢していたことを思い出しました。
    私、民謡を稽古することで唄う楽しさが分かってきました。
    発表会では確り唄えるよう頑張らなければ!
    コメント有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

スタッフ募集中です

過去の社長ブログ


→社長ブログを見る

follow us in feedly   RSS