聞き覚えがなかった言葉「パンデミック」*新型コロナウィルス**

Pocket

ネット記事で目にし、読んでいくと過去の多くの人達が感染して死亡した歴史が書かれていました。
ウキペディアによると、

「パンデミック(英語: pandemic)とは、ある病気(感染症)が国中あるいは世界中で流行すること。ある感染症(特に伝染病)の(顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した)世界的な 世界流行とも。語源はギリシア語のπανδημία(pandemia パンデミア)であり、παν(pan, 全て)+ δήμος(demos, 人々)を意味するとあり

今、湖北省武漢市から起きた「新型コロナウィルス肺炎」の大流行を懸念して紹介された言葉でした。

(資料写真)新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

出典:国立感染症研究所

ウキペディアによると、

「ここでは感染症全般の歴史ではなく、パンデミックの歴史を記述する14世紀には黒死病(ペスト)がヨーロッパで大流行した。
16世紀にはコロンブス交換によってもたらされた天然痘が南北アメリカ大陸で猛威をふるい、天然痘の免疫を持たなかった先住民の人口は大幅に減少した。またこの天然痘の大流行はアステカ帝国やインカ帝国といった現地の政治権力に大打撃を与え、両国の滅亡とスペインの新大陸制覇の一因となった。
19世紀から20世紀にかけてコレラが、地域を変えつつ7回の大流行を起こした。
1918年から1919年にかけてスペインかぜ(インフルエンザ)が全世界で流行し、2500万人(4000万人から5000万人という説もあり)が死亡した。1980年代以降、後天性免疫不全症候群の患者が全世界で増大したが、なかでももっとも感染の激しかったブラックアフリカでは全人口の30%以上が感染した国家まで存在し、平均寿命の大幅な減少がいくつかの国家で見られた。
2002年11月1日~2003年8月7日にはSARSが世界各地で流行
香港を中心に8,096人が感染し、37ヶ国で774人が死亡した。

なお「パンデミック宣言」がなされたものの実際の被害が小さくて済んだものとしては、2009年新型インフルエンザの世界的流行がある。また、1997年からの高病原性トリインフルエンザや2002年のSARSについてはパンデミックには至らなかったものの、その一歩手前の状態になった。」

SARSなどは記憶に新しい。
スペイン風邪による死亡者数は半端ではありませんね。数千万人単位です。

いまでも、インフルエンザなどは毎年のように発生し予防に心がけて感染を防げていたのですが、
今回の感染症、新型ウィルスとあって治療薬の開発に半年以上かかるといわれています。

これだけ流行した原因は中国政府の初動における対応のミス。

「1カ月前の12月30日17時48分頃、李医師は約150人が参加するグループチャットにおいて「華南海鮮市場で7名がSARS(重症急性呼吸器症候群)に罹り、我々の病院の救急科に隔離されている」という情報を発信した。同日、武漢市衛生健康委員会は『原因不明の肺炎に対する適切な治療についての緊急通知』をネット上に発表し、その中で厳格な情報報告を行うことを要求した。さらに「いかなる機関及び個人も、許可を得ずみだりに治療情報を外部に発信してはならない」と強調した」東洋経済オンラインより。

この対応が感染拡大になってしまった。

令和2年2月9日現在
「中国以外で新型コロナウイルスへの感染が確認された国と地域は27に上り、感染者は合わせて354人となっています。中国以外の国と地域で、これまでに確認された感染者の数は、

▽日本が集団感染が確認されたクルーズ船の64人を含めて、合わせて90人となっています。
続いて、
▽シンガポールが40人
▽タイが32人
▽香港が26人
▽韓国が25人
▽台湾が17人
▽マレーシアが16人
▽オーストラリアが15人
▽ドイツが14人
▽ベトナムが13人
▽アメリカが12人
▽フランスが11人
▽マカオが10人
▽UAE=アラブ首長国連邦が7人
▽カナダが5人
▽インドとフィリピン、イギリス、それにイタリアがそれぞれ3人
▽ロシアが2人
▽ネパール、カンボジア、スリランカ、フィンランド、スウェーデン、スペイン、それにベルギーが、それぞれ1人となっています。
このうち、フィリピンと香港でそれぞれ1人、死亡しています。」
NHKWEBNEWSより。

昨年12月、中国の李医師が警告してから2月間が過ぎて世界中に拡散しています。
このような状況から「パンデミック」という言葉が使われたのでしょう。

報道では、景気への影響を心配していますが観光事業には大打撃、しかしこれにより産業の流通が停止して製造業にもじわじわと影響が出てくるのでしょうか?

巷では、アルコール消毒液、マスクが品切れとなり大混乱、まとめ買いが影響しているのでしょう。
マスク、日本市場に出回っていたのは8割が中国製ではそうなるね。
この混乱どこまで続くのか?

会社を経営している身になると今後の景気動向が気になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

スタッフ募集中です

過去の社長ブログ


→社長ブログを見る

follow us in feedly   RSS