タトゥーが目に付く!!

Pocket

2年ほど前から、CS放送番組で「車をレストアー」する会社の紹介番組を観るようになったのですが、それに出演する人達が腕にタトゥー(入れ墨)をしているのです。その会社のオーナーはタトゥーを入れる店まで経営し、自らも入れていました。アメリカでは日常的なアクセサリーぐらいに思われているのかと感想を抱きました。

それが昨今、テレビで目にするのですがプロスポーツ、野球、サッカー、ボクシング、格闘技の外国の選手は当たり前のように入れてありますね。最近北京で行われた世界陸上選手権でもアスリート達も腕だけでなくタトゥーを入れている者が目立ちました。 最近、海外の観光客も増え、当然ながらタトゥーを入れている人もあり、 日本の風俗習慣には相容れないものであり、温泉、公衆浴場などで対応に苦慮しているとか!?

日本では、罪人の腕に入れ墨をし、刑を課していた時代もあり印象は良くありませんが、私等小さい頃は、銭湯で和彫りの入れ墨をよく見たものです。生活の身近に観られて入れ墨もいつの頃から、排斥されるようになり、現在では公衆浴場、銭湯、プールなど公共的な場では拒否されるようになりました。 私の大学時代、東映で任侠物が流行り、高倉健の唐獅子牡丹、藤純子の緋牡丹博徒の花の入れ墨が印象的です。 「遠山の金さん」の桜吹雪などがありますね。 小さい頃、母からか?聞いたことだと思いますが、奄美の女性もいれていたと聞き、アイヌの女性もしていたと記憶にあります。

文化的な習慣で、昔は忌避されるものでは無かったようです。 ある外国の女性観光客が入れてあり、入浴を拒否され、理解してほしいと訴えていた記事も観ました。 それは、その国の文化であり理解を望んだのでしょう。

最近、塗装依頼の為、訪れた青年にも腕に入れ墨が、つい質問してしまいました。 「親は許したか」と。 当然ながら許されるものでもなく、本人曰く「事後承諾」だとか。 好奇心もあり、タトゥーの値段を聞くと、二の腕に彫られた蛇が5万円と返事してくれました。ついでにと和彫りはどのくらいと聞くと、「時間と日数がかかりかなり高価になる」と話してくれました。 確かに、洋彫りは一色で機械で彫るから安いのは頷けます。

DSC_0259 (800x450)

和彫りの場合、色も多く使い鮮やかですし、手作業でやるから仕上がりも遥かに綺麗に仕上がりますね。 彫りで知られているのが不動明王ですかね。 この写真は明治時代の筑豊炭鉱の絵です。 山本作兵衛さんが書き残し、「世界記憶遺産」にもなった本から抜粋したものですが、当時多くの炭鉱夫が当然のように入れていたことが伺えます。

子ども心に危険な仕事に就く方がしてたように記憶があります。 鳶職、大工、発破師などなど。 DSC_0260 (800x450) この炭坑夫の背中には、不動明王が彫られている。ダイナマイトを仕込む作業をしていると説明されています。当時は、入れ墨がないと一人前の扱いが受けられなかったようです。 説明文には、「・・・イレズミがないものは一人前の仕事も出来ぬと軽蔑された。よって新参カケダシ抗夫でない限り痛さを我慢して、ヤマ人のレッテルをつけていた。・・・」。

辛さを我慢出来ぬものは抗夫でないと言う心意気かな!? 子どもの時、入れ墨の痛さは大人に聞いて知っていましたが、ある意味で男気の証拠、紋章ともみられていたのでしょう。

時代は変わり、現在、日本では忌避されていますが、外国人、特に白人たちは気軽に入れているようです。 観光などで日本に来て、銭湯、温泉場などで、拒否し難くなるのではないでしょうか。 こうなると、線引きで洋彫りのタトゥーはいいが、和彫りの入れ墨は「NO」となってくるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

スタッフ募集中です

過去の社長ブログ

最近のコメント


→社長ブログを見る

follow us in feedly   RSS