令和元年上福岡七夕祭り

Pocket

8/3、夕方見物に向かう!
まだ日は高く明るい。

近所の商店街を散策、

通行止めにした先は人で溢れていた。
七夕が飾られて祭りの雰囲気を醸し出す。

そして右折、八雲神社商店街通りへ、

上福岡駅東口前へ。
人が多い、知れ渡っている祭りと思う。

この大した賑わい!

西口へ、

阿波踊りが演じられていた。次の出番も同じ阿波踊りのグループ、各地に広まったね。「阿波踊り」。

露店がでて、通りが大いに混雑、祭りの雰囲気十分!

「何とか賞」を獲得した「七夕」飾り、工夫が認められ、良かったのか?

中央公園に行くと、フラダンス、いろいろなサークル活動を展開されていると実感、次に控えていた方々、浴衣を着こんで待機していました。
暑さにも負けず元気なこと、一年に一回の発表会になるのかな?気合充分!

猿回しも行われていた。見ていた時は、芸として「動かない」ことを演じていたね!

そしてスルランブル交差点を渡り、福岡太鼓を見る。

太鼓の響きにひかれて、撥捌きを鑑賞、やはり太鼓の響き良いね。勇壮且つ体に伝わる振動が感情を高ぶらせるね!
祭りには欠かせない演目だ!観衆も音に、響きに惹かれていた。

これが日本が連綿と続ける祭り、古来より「五穀豊穣、子孫繁栄」、自分たちが住む地域の安寧を願う素朴な祈り心が原点ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

スタッフ募集中です

過去の社長ブログ

最近のコメント


→社長ブログを見る

follow us in feedly   RSS