偶然見つけた「彰忠碑」!

Pocket

先月下旬、取引先の依頼で、ヘアーライン加工のため、埼玉県富士見市下南畑方面にある研磨屋に出かけると途中に石碑を発見、何だろうと思いつつ、研磨屋さんへと向かいました。

仕事の打ち合わせを済ませ、帰途に就いた時、石碑が気になり、来た道を辿りながら石碑のある場所に駐車して見学をすると、由来なる説明書きもなく、軍人関連の石碑と推測しました。

JAいるま野南畑支店、駐車場の一角に建てられていました。

会社に戻って詳しく知ろうと思いインターネットで調べたのでしたが該当の情報は見つからず、其のままにしていましたが、当社に試作塗装依頼していた会社の方がみえられたので聞いてみたのです。

その会社、その近辺にあるのものですから。

スマホの写真を見せながら、聞いてみると、本人わからない様子。

調べてくれない?と無理なお願いしていたのですが、今日7/3、その方が用事ついでにと当社に寄ってくれて、私が不在のため、その調査結果をスタッフに伝言してありました。

予想外の早い展開なので、薬局に居た私、待ち時間を利用してメール伝言に沿ってインターネットで調査。

内容はこうでした。

「彰忠碑で探すと2ページ目あたりに水神碑 旧新河岸川 富士見市南畑村彰忠碑があり、その36ページあたりに詳細がある」との事。

2ページ目に、載っていました。

想像したとおり、功績をたたえる碑のようです。

由諸書きには、「日露戦争戦死者8名と戦歴、日清戦争従軍2名、日清・日露両戦争従軍者14名、日露戦争従軍79名、第1次世界大戦従軍4名の名が刻まれている。大正7年(1918)5月造立。」

現場には何一つそれを説明するものがないのはさびしいですね。

お国の為に働いた国民に対する礼儀がなっていないような気がします。

外国でしたら、それぞれの名を石碑に書き記し、その栄誉を表彰するでしょうに!

昔、110年以上前に、この南畑村からお国の為に戦地に赴いたご先祖様がいた事を知ら占める義務があるようにも思えるのです。

そのためにこの彰忠碑を建てているのですから、詳細な説明があってもいいのではと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

スタッフ募集中です

過去の社長ブログ

最近のコメント


→社長ブログを見る

follow us in feedly   RSS